真時モデルハウスのご案内です。

真時モデルハウスは木造在来軸組工法ですが、柱と柱の間にFPパネルを組み込んでいます。

従来の在来軸組工法に比べ、パネルが入ることにより柱の変形を抑え、強度がアップ!
さらにパネルと柱の間に隙間を作らず密閉することで、高熱費を低く抑えることができます!

気密性と強度がアップすることで、災害にも強く末永く快適に暮らすことができる家です。


シェアする