FPの家の中でも、真時モデルハウスは屋根断熱を採用しております。
今までは小屋裏をデッドスペースにして、天井に断熱材を入れる方法が主流でした。

しかし、真夏の日差しの強い日は、屋根の表面温度は70℃を超える高温になるため
天井裏から小屋裏までに、外気の熱を溜め込んでしまいます。

真時モデルハウスは屋根そのものに断熱効果を持たせる「FP断熱パネル」を使用しておりますので、
太陽の熱を屋根で跳ね返し、蓄熱を防ぐ事が可能です。

遮断パネル上部に通気層を設け、排熱できる構造になっており、
部屋の中だけではなく、小屋裏まで快適な空間として利用できます。

従来の家では暑さ、寒さの影響を直接受けていた小屋裏のスペースを、
収納として活用できるんです!
もちろんモデルハウスにも、小屋裏のスペースを設けていますので
お住まいいただく方に合わせて、利用できる空間になっています!




シェアする