代表者挨拶

私の家づくりを支えるものは、常に中途半端ではない「いいもの」をつくることでお客様に喜んでいただきたいという私なりのプロ意識です。トヨシマグループという組織を通じてお客様のおうちを建てさせていただけることに・・・本当に感謝しています。お客様のマイホームづくりに参加させていただき、お客様によろこんでいただき、結果「しあわせな家庭づくり」に貢献できることが私のよろこびです。「居心地のいい住環境」をひたすら構築していきたいのです。

私の家づくりは私の会社づくりでした・・・

私が大学を卒業したのを機会に、父は豊嶋建設を株式会社として法人化し、私はずっと一貫して豊嶋建設株式会社で仕事をしてきました。他の会社で仕事をしたことはないけれど、常によその会社のいいところを観察・研究して少しでもいいものがつくれるシステムをつくろうと努力してきました。どうすれば品質の向上・均一性が実現できるかは、やはりしっかりしたシステムの構築につきます。私の家づくりは常に私の会社の組織づくりと連動してきたのです。結果最初は豊嶋建設株式会社ひとつで出発したものがいつの間にかトヨシマグループとなりました。

土地のないお客様の土地さがしをお手伝いすることから、土地の分譲・仲介のトヨシマハウジングが生まれました。いい木材・建材を使いたいという願いから木材市場大吉がうまれました。大工さんの高齢化・少数化を憂い、さらに狂いのない加工・品質の向上をめざして、さらに労働災害が少なくきれいな現場をうみだすために上棟までの木組みの加工をオートメーションの工場でおこなうトヨシマプレカットがうまれました。これには加工の指示をCAD-CAMのパソコン入力でおこなうので、若い後継者が育ちやすいとの発想もありました。また、より洗練されたデザイン性・機能性にすぐれたマイホームのご提案をするために最近では設計事務所のスタッフの育成に努めています。

棟梁の伝統と誇り・・・「棟梁の後継者」

トヨシマの家は代々「棟梁の家柄」です。私も小さいときから家づくりが常に身近にありました。じいちゃんが家の敷地のなかのすぐ傍で柱や梁といった木を常にきざんでいたのです。ですが、私がそこで遊んでいてうっかり木や道具を粗末にしてしまったときに・・・「何をしよんじゃ!!!」・・・普段やさしいじいちゃんの鬼の形相・・・が今でも忘れられません。そうした環境で職人が持つ仕事・材料・道具に対して持つ「誇り」を体得してきたのです。

私は大学の建築科を卒業して一級建築士になりました。現場で祖父や父のように家をつくることはありません。しかし、トヨシマの伝統である「棟梁の誇り」をこれからも大切にしていきたいのです。私は、「棟梁の技」を承継し、さらに後継者に伝えていく使命を預かっているのです。

「棟梁の後継者」として私はやはり「いいもの」をつくらねばならないと思うのです。

時代はうつりかわる・・・時代のニーズにあったものを提供する

家のつくり方が、何十年という熟練の手作業・・・いわゆる「匠の技」で支えられてきたものが、プレカットの工場での加工に変わってきたように、家をつくる住み手の側のニーズもどんどん変化してきています。そうしたニーズ・時代の潮流に対して常にアンテナをはり、情報の収集・研究に励んで生きたいと思います。トヨシマの社員は・・・もう私の子供みたいなものですが・・・本当に勉強好きな向上心の高い子が多く、よく勉強してくれるので私は本当にしあわせです。時代の進化に対して「ブレていない」トヨシマでありたいと思います。

私の使命

よく、先祖から子孫へ脈々とつづく世代の伝承は鎖状のものに例えられます。前の世代を後の世代にうけつぐ・・・しっかりとした鎖・・・。私は私の時代をにない、私なりの結果をひとつの時代の鎖として後の世代に受け渡す使命をおびています。トヨシマの伝統をしっかりと後の世代に受け渡すためにこれから私がするべき仕事は人づくりだと考えています。