空気で家全体を「つつむ」 つつまれた家 Marie

「マリエ」のコンセプト

つつむ

Marieのコンセプトは「つつむ」・・・。

あなたは「つつむ」から いったいどんなイメージを連想しますか?
やさしさ、思いやり、贈る気持ち、大切な物をまもる気持ち・・・。

ちょっとした贈り物も ほんのちょっぴり手間ひまをかけて ラッピングをするだけでものすごく 品物の値打ちがあがったような気がしますよね・・・。
「つつむ」ことで、贈られる人だけでなく、贈る人にも、楽しさや喜びがうまれるのです。

「つつむ」ことは、贈る人の自己表現と同時に 相手への心遣いも表せ、みんなを笑顔にする素敵なコミュニケーション手段なんです!!!

「つつむ」ことは日本古来からの伝統文化だった・・・。

「包」という漢字は 外側は人、母体を表し、内に胎児がいる様子を表しているそうです。
「勹」は人が前かがみになって物を抱く形を表しているんですね。
この文字が表すように、「包む」ことの本来の目的は、中に入っているものを傷つけないようにいたわり、守ることでした。

ですが「包む」ことが、贈り物や献上品を渡す際によく行われることから、中身の保護という目的に加え、贈る相手への思いやりや 敬いの気持ちが色濃く表現されるようになりました。

そして時を重ねるにつれ、慶弔の水引やお中元・お歳暮といった 独自の日本文化・慣習にも大きく関わってくるようになったのです。

モノをつつんで贈る。これは日本独特の文化です。
つつむ。ただそれだけのことで、思いのほか心が豊かになり、特別な気持ちになるから不思議です。

ひとつのモノも“包む”ことによって、「優しい」「温かい」「お洒落」「素敵」といった、こころの付加価値が生まれてくるんですね。

空気で家全体を「つつむ」・・・。

「FPの家」は、オリジナルのウレタン断熱パネルを使って 空気で家全体をやさしくつつみ、1年中快適な空間を実現します。
何といっても すごいのは屋根に使用している「FP遮熱パネル」です。 屋根に「FP遮熱パネル」を使用することで 家全体の快適度が さらに高まった上に従来はデッドスペースだった小屋裏空間も 居住空間としてフルに活用することが可能となったのです。
Marieでは、屋根裏の大空間を 存分にご覧いただくことができます。

Marie には マイホームのヒントがいっぱい!!!

プロバンス風の外観・・・。
「土間(どま)」空間・・・。
日本古来の夏の暑さをしのぐ庇(ひさし)の効用・・・。
アウトドアリビング・・・。
リゾート感覚の「癒し空間」・・・。
「隠れ家」感覚の小屋裏・・・。
カーテンもおもしろいですよ!!!

まだまだあります・・・。 ご覧いただかないとわかりません。
「百聞は一見にしかず」です。
ご自身でも ぜひ「Marie」を探検していただいて 新しい発見をなさってください!!!

そして 間取りは「階段を包む構造」になっています・・・。

ぜひ来て見て 泊まって 「Marie」を体感なさってください。

WELCOME to Marie

ADRESS 香川県丸亀市飯山町下法軍寺872-6
OPEN 原則として予約制
電話 (0877-98-3131)
FAX(0877-98-3671)
インターネットでのお申込はこちらから
1泊のみ(18:00~翌朝9:00)
宿泊はご家族限定です。