我が国では「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH(ゼッチ)」という)の実現を目指す」とする政策目標が設定されました。

弊社のZEH(Nearly ZEHを含む)に対する取り組みのうち、平成29年度の実績結果をまとめましたので公開いたします。

登録名称

登録年度

ZEHビルダー

/プランナー

の種別

ZEH普及目標と実績
<自社が受注する住宅のうち

ZEH(Nearly ZEHを含む)が占める割合>

平成28年度
(2016年度)

平成29年度
(2017年度)

平成30年度
(2018年度)

平成31年度
(2019年度)

平成32年度
(2020年度)

目標 実績 目標 実績 目標 目標 目標

豊嶋建設
株式会社

28 注/建/改 8% 20% 16% 20% 24% 33% 54%

平成28年度に続き、平成29年度もZEH普及目標を達成いたしました。本年度も引き続き、ZEH及びZEH+Nearlyの普及に力を入れてゆきたいと考えます。

また弊社はBELS工務店として、BELSの全棟表示を将来目標に掲げ、取組みを行っています。以下は、受注する住宅のうちBELS表示を行った住宅が占める割合です。

  弊社のBELS表示割合の実績
平成28年度 20%
平成29年度 20%

 


シェアする