我が国では「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH(ゼッチ)」という)の実現を目指す」とする政策目標が設定されました。

豊嶋建設株式会社は、将来施工する住宅の過半数がZEH(Nearly ZEHを含む)となることを目指し、2020年度までの普及目標を設定しました。

  平成28年 平成29年 平成30年 平成31年 平成32年

ZEH + Nearly ZEH
受託率目標

注文 8% 16% 16% 25% 38%
建売 0% 0% 8% 8% 8%
既築 0% 0% 0% 0% 8%
合計 8% 16% 24% 33% 54%

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及目標

また、構造見学会・完成見学会を開催し、実際に体感できる場を出来る限り設けたいと考えています。施工中の様子、お客様の声なども随時SNS等を利用し、公開してゆきます。

当社は、躯体の断熱性能を高めることで創エネ(太陽光発電)にかかる費用を極力抑えた設計をし、ZEHに必要なコストが低くなるよう提案していきたいと考えています。


シェアする