→
←
→
←
うだるような猛暑が続くここ数年の夏。取材に訪ねたのもまさにそんな日したが、わずかにエアコンをかけるだけでS邸には、やわらかく清々しい空気が家中を巡っていました。
「何でも調べるのが好きな性質で(笑)、基礎や工法について本やネットで見るうち、高気密、高断熱のFP工法を見つけたんです。技術難度が高いらしく、採用している地元の工務店は多くありません。しっかりしたところはないかと探してところ、口コミで豊嶋建設を知りました」というのはご主人。
探究心旺盛なご主人の心をとらえたのは、ウレタン断熱による高気密、高断熱のFP工法。最小限のエアコンや暖房器具を使うだけで、家内を1年中快適な温度と湿度に保ってくれます。構造躯体として強いというのも特徴。
そのFP工法を叶える工務店として、口コミで同社を知ったという事から、同社で家を建てたご家族の満度の高さがうかがえます。
S邸のこだわりは工法だけではありせん。玄関や階段周りと収納が多く、夫婦の寝室には4畳ほどもあるウォークインク口ーゼッ卜もあります。また、浴室乾燥できるお風呂の隣には洗濯スペースあり、続く台所には洗濯乾し場とゴミ置き場へ出るための勝手口。家事動線がコンパクトにまとめられているのです。
ご主人のお母様との同居も視野に入れ、廊下は広く、手すりをつけたり車椅子で通りもできるようにしてあります。収納スぺースの確保、家事の効率化、そして高齢者も暮らしやすい間取りなど、どの家族も実現したい環境を、お施主様のアイデアを尊重しつつ、その家族に合うカタチで提案してくれるのも同社の強みです。
S邸の快適さを最もよく表すのが、一画にPCスペースも設けたLDK。床に桜、天井にはパイン材が貼られ、一部は吹き抜けに。
FP工法の作り出す心地よい空気に加え、目にも優しい木の表情とその香り。家族は自然とそこに集い、思い思いにリラックスした時聞を過ごしています。

DATA

建築地 丸亀市
その他 外観は「さりげなく」がコンセプト

シェアする