これまで築40年ほどの借家に住んでいたGさんご家族。お子さんの誕生を機にスタートした家づくり。そこでコンセプトにしたのは、人を招き入れることができるゆったりとした間取りでした。「仲良しのいとこたちが子どもを連れて遊びに来れるように」と、ゲスト用の駐車スペースを2台確保。2階にもたくさんの個室を取り入れました。
一方ご主人は「メーターモジュールの家ならさらにゆったりした間取りを実現できるのでは」と考えていました。
その理由は最小単位の差。910㎜を基本とする尺モジュールに比べ、メーターモジュールは1000㎜がベースになります。その差90㎜分が部屋の面積に比例するので床面積が広くとれるのです。なるほど、このゆったりとした空間はメーターモジュールならではなのですね。そう思っていると、すべてをメーターモジュールで作っているのではなく、一部尺モジュールを取り入れたところがあるとのこと。キッチンカウンターと和室のエリアです。キッチンまわりのカウンターに椅子を置き、将来的に子どもたちのスタディスペースになることを考えると、隣合わせになっている和室と接近しすぎることが判明。そこで、豊嶋建設はその部分だけを尺モジュールで組み立てたのです。
作り手の常識と、住む人の感覚。そこには多少の誤差が付きものです。けれども、豊嶋建設では住む人の感覚を最優先にし、手間を惜しまず快適な暮らしを提案しているのです。
豊嶋建設を選んだことに間違いはなかったと話すGさんご夫妻。「評判のいい会社であることは知っていましたが、実際に担当の方と話していくうちに、その人柄に安心感を抱きました。何度も足を運んでくれ、信頼関係を築くことができたのは大きかったですね」と語ってくれました。

DATA

建築地 丸亀市
敷地面積 74.76坪
建築面積 165.50㎡(50.06坪)
その他 メーターモジュール で広々設計、動線、収納、造作家具

シェアする